「減らない借金が苦しい…」
「お金が自由に使えないことがつらい」

借金の悩みは抱えた者にしかわからない、言いようのない不安感と無気力感があります。

僕は借金の返済が立ち行かなくなって、自己破産という債務整理をしました。

債務整理とは、借金で苦しんでいる人に対して返済の減額や返済義務を免除するなどの法的な手続きです。

このサイトはその経験を元に、一人でも多くの人が借金の悩みから解放されてほしいという思いから立ち上げました。

借金生活から解放される唯一の方法である債務整理について、手続きの種類・債務整理をするメリットとデメリット・手続きのやり方などについて解説していきます。

 

債務整理って何?

債務整理とは、借金を減額したり、月々の支払額を下げたり、借金そのものを帳消しにする手続きのことです。

借金に苦しむ生活から解放されるための制度です。

債務整理には3つの手続きがあります。

  • 借金や月々の支払い額を減額する「任意整理
  • 返済が困難なことを認めてもらい借金を大幅に減額する「民事再生
  • 返済ができないことを認めてもらい借金の支払い義務を免除してもらう「自己破産

債務整理は弁護士や司法書士といった法律の専門家に依頼するのが基本です。

その際、いまの自分の総借金額や返済額、収入などからどの手続が最適かというのを専門家が考えてくれるので、自分がどの手続きをすべきかというのはあまり詳しく決める必要はありません。

 

債務整理は誰でもできる?

債務整理には基本的に条件はありません。
誰でもできます。

専門的な知識もなくて大丈夫です。
債務整理は弁護士や司法書士といった法律のプロが、お金を借りた人(あなた)とお金を貸した人(カード会社などの借入先)の間に入って仲裁をしてくれます。

 

債務整理にかかる費用はどれくらい?

弁護士や司法書士といった専門家に依頼するので、着手金・報酬金などの費用がかかります。

また、民事再生・自己破産をする場合は裁判所に申立てをするので、申立て費用や裁判所への報酬として別途費用がかかることもあります。

債務整理にかかる費用は状況や方法によってかなり差が出て来るので、大体このぐらいという目安の提示が難しいです。

一例として、債務整理・借金問題に強いサンク総合法律事務所の費用を掲載しておきます。

引用サンク総合法律事務所

 

「弁護士雇うお金なんてないんだけど…」

お金に困ってるのにお金がかかるなんて困りますよね。
でも、そこはあまり心配しなくて大丈夫です。

借金問題に慣れてる専門家はそういうところにも配慮してくれるので、分割払いなど無理のない支払い相談に応じてくれます。
当たり前ですが「普通に借金返済してた頃より上がった…」なんてことはなりません。

また、弁護士代金を立て替えてくれる法テラスという機関もあります。

法テラスが債務整理にかかった費用を立て替えて、その費用を分割で払わせてくれます。
収入が少ない人が民事再生や自己破産をする場合、費用そのものが安くなることもあります。

僕は法テラスのことを知らなかったのですが、担当の司法書士さんが「こういうのがあるから利用しましょう」って提案してくれて、月々5000円の2年払いになりました。
単純計算で24万円ですね。

自己破産をするには本来30~40万円ほど必要なので、かなり安く自己破産できたと思います。
今はもう完遂しました。

僕は自己破産をする人の中では借金総額は少なめで、借り入れとクレジットカードの利用額で合計140万円、月々の返済額は4万円ほど。
それでも返済額が一番低いプランだったので支払金のほとんどが金利にまわり、借金額はほとんど減っていませんでした。

それが自己破産をしたことで返済が免除になり、かかった費用は5千円を2年払えばいいだけ。

自由に使えるお金が増えて生活が楽になったのはもちろんですが、それ以上に「2年払えばそれで終わる」という "先が見えること" に、精神的にすごく軽くなったのをよく覚えています。

 

債務整理のデメリットはある?

債務整理をした場合のデメリットは、一定期間新たにクレジットカードを作ったりローンを組んだりというのが実質できなくなる、いわゆるブラックリストです。

実際のところはブラックリストというものは存在せず、信用情報というものに債務整理をしたことが記録されます。

信用情報とは、クレジットカード決済・キャッシング・ローンなどの借金に対する個人の支払い状況を記録したものです。

信用情報には借金返済に対して、指定日に正しく払われた・遅れて払われた・支払われていない、というような履歴が残っています。

お金を貸したりローンを組んだりする企業は、契約の際にこの信用情報に記録されている内容を元に審査をします。

そのとき信用情報に「債務整理をした」という記録があると、基本的に審査に通らなくなります。

 

借り入れができなくなるのはどのくらいの期間?

信用情報を記録している機関はCIC(指定信用情報機関)、JICC(日本信用情報機構)、KSC(全国銀行個人信用情報センター)の3つあります。

それぞれに扱っている情報に違いもありますが、債務整理に関してはCICとJICCでは5年間、KSCでは10年間、記録が残ります。

機関名 保有期間
CIC
(指定信用情報機関)
5年間
JICC
(日本信用情報機構)
5年間
KSC
(全国銀行個人信用情報センター)
10年間

一般的なクレジットカードやローンはCICとJICCしか確認しないため、債務整理をしてから5年後には新たにクレジットカードやローンが組めるようになります。

 

他のデメリットはない?

債務整理の中でも自己破産の場合は資格制限というのがあります。

自己破産後は保険募集人、警備員といった特定の資格が必要な職につけなくなります。

あと民事再生や自己破産をすると官報という官僚向け新聞のようなものに掲載されます。

一般人で官報を読む人はほぼいませんし、読んでいてもほぼ毎日発行されている官報の民事再生や自己破産のリストを全員チェックしている人は皆無でしょう。

家族バレや恋人バレ、会社バレなどを心配する人も多いですが、そういうのは一切ありません。
債務整理をしたからといってわざわざ家族や親戚に紙面が送られるわけでもないですし、会社に連絡もされません。

家に人がきて家宅捜査みたいなことされるわけでもないです。

会社バレといえば、クレジットやローンの返済を延滞し続けていると勤め先に電話がいくことがあります。
借りている側が裁判を起こせば、給料の差し押さえなども可能です。

個人的には債務整理をすることより、債務整理をせずに返済を滞らせてしまう方が怖いですね…。

 

債務整理をしたあとの生活

「自己破産した管理人の感想」

世間的には「お金に関して信用されない」ということなので、決して軽いとは言えません。
例えば安くてもいいから車が欲しいと思ってもローンが組めないのがネックで難しいとか、不便に思うことはゼロではないです。

ただそれでも、自己破産をした後の方が借金に悩んでいた頃よりずっと楽になったというのが正直なところです。
生活的・精神的、両方です。

当時はフルタイムのパートで販売員をしていました。

一生懸命働いてもその給料の1/3が借金返済に消え、生活費・家賃・携帯代と支払いに回すと自由に使えるお金は本当に少なかったです。
貯金なんて考える余裕もありません。

それでも返済額は最低額だったので大半が金利に回り、減らない借金額を見るたびに気分が落ちていました。

いつまでこの生活が続くんだろうとか、このお金が自由に使えたらやりたいこともできるのにと、何度も何度も思いました。
終わりが見えない借金生活はかなり辛かったです。

支払いが遅れることもあり、催促の電話が怖くて電話に出るのが嫌になりました。
何か楽しいことがあっても、ふとしたことがきっかけで頭の中でお金や借金に結びついては気分が落ちる日々。

それでも「借りたものは返さなければ」という思いから、なんとか返し続けていました。

その後病気に罹り、仕事を休みがちになったことがきっかけで債務整理をしました。

 

「もっと早くにしておけばよかった」

債務整理に慣れている弁護士や司法書士は初回相談無料のところが多く、お金がかかりません。
そして初日のうちにそこに依頼するかどうか、依頼するなら借り入れ状況からどの手続きをするのかという方向性を決めます。

僕も初回無料の大手の司法書士のところへ相談にいきました。

担当についてくれた司法書士さんがすごく愛想のいい方で、説明も分かりやすかったのです。
はじめは任意整理や民事再生も考えていたのですが、いろいろと親身に相談にのってくださって、収入が不安定なことや精神的な負担などを考えて自己破産でお願いすることにしました。

方向性が無事決まって債務整理をして依頼することが決まると、専門家が最初にとるアクションが返済のストップです。

借り入れのある金融機関や銀行に「債務整理開始通知」を送ります。

債務整理開始通知を受け取った金融業者は返済の催促が一切できなくなります。
これは法律で定められていて、無視して催促などをすると刑事罰などの処罰が課せられます。

つまり、依頼したその日から借金から解放されます。

催促に怯えなくていい、先が見えない借金生活が終わることをじわじわと実感できてすごく安心しました。
入ってきたお金が自由に使えるという当たり前のことがすごく嬉しかったです。

僕は病気がきっかけでしたけど、病気になる前に自己破産しておけば、返済にまわしていたお金を少しでも貯金に回せて病気に備えられたかもしれない。
ストレスが関係している病気なので、もしかしたら病気にすらならずに済んだもしれません。

そういうタラレバを言い出したらキリがないですが、「もっと早くに債務整理を考えていれば…」
本当にそう思いました。

 

信用情報に傷がつくのはそれほど怖くない

信用情報のことは最後まで悩みました。

ただ実際のところ、借り入れ多くて支払い延滞もしたことがあったので、あのままでも新しくカードやローンはできなかったと思います。

信用情報は5年で回復しますが、あの生活を5年続けても返済は終わらず信用情報にも延滞の記録が残っていた可能性が高く、5年後10年後を考えると債務整理した方が未来があると考えられたこともあり、債務整理することを踏み切りました。

それまで返済に回していたお金が自由になったので、カードが使えないのはそれほど不便ではありませんでした。

携帯も使い続けられてますし、自分名義で割賦(24回払い)での端末購入もできてます。

最近はネットショッピングなどでクレジット決済じゃないとできないところもあるので不便に感じたこともありましたが、「JNB Visaデビット」を持ってからはその不便もなくなりました。

JNB Visaデビットは代金を口座の残高から直接支払うタイプのカードです。
口座にある残高以上の買い物はできませんが、決済上はクレジットカードの一括払い扱いになります。

そういった機能はついているものの元はただのキャッシュカードなので口座を開設するだけで発行され、クレジットカードのような審査がないので自己破産歴のある僕でも作れました。

年会費や入会金も一切かかりません。

【債務整理】ブラックでもクレジット決済ができるJNB Visaデビットの紹介と作り方

債務整理をした人にとってネックなのが、当分の間クレジットカードが使えなくなること。 最近ではネットシ ...

続きを見る

 

債務整理をするべきかどうか

人によって借金をした理由も額も違います。
いろんな事情があるでしょう。

「借りたものを返すのは当たり前」という考えも大事なことだとも思います。

でもその考えのために辛い思いをしながら、先の見えない苦しみに押し潰されながら生活するぐらいなら、思い切って債務整理するべきだと僕は思います。

僕が債務整理をするか迷っていたとき、知恵袋の自己破産の質問を読んだり他の人の体験談を見たりしました。

債務整理をするか悩む人へのアドバイスなんかも見たことありますが、お金にそれほど苦労したことがない人・債務整理をした事がない人ほど、デメリットを強調して「債務整理はしない方がいい」と言います。

逆に債務整理して生活が楽になった人ほど、信用情報のことはちゃんと説明しつつも「債務整理したらきっと楽になるよ」ってすすめてくれる印象がありました。

債務整理=人生の汚点のような、マイナスのイメージを持っている人も世の中にはいます。
でも僕にとっては、債務整理は人生を変えてくれたプラスの方法です。

 

債務整理のやり方

債務整理は弁護士か司法書士にしてもらいます。

まずはどこに依頼するかを決めましょう。

 

弁護士と司法書士どっちがいい?

債務整理を依頼できる専門家には、弁護士と司法書士がいます。

この二つは手続き上での形式が違います。

  • 弁護士は「代理人」
  • 司法書士は「書類作成の代行」

個人の債務整理ではどちらを選んでも手続きのほとんどを向こうがしてくれますので、どちらでもそう変わりません。

手続きするのが民事再生か自己破産の場合、裁判所に申立てをして「民事再生(又は自己破産)してもいいよ」という許可をもらいます。

この二つの手続きをするとき、場合によっては最後に裁判所で審尋(しんじん)が必要なことがあります。
債務整理での審尋とは、「こういった借り入れ状況でこういう理由から債務整理させてください」という意見や主張のことですね。

その場合、司法書士は付き添いとしては同行はできるますが受け答えは自分でする必要があるのに対して、弁護士は代わりに答弁もしてもらえます。
そのことを考えると弁護士の方が無難とは言われています。

僕は司法書士さんに自己破産をしてもらいましたが、裁判所での審尋はありませんでした。
担当の司法書士さんも丁寧でよくしてくれたので、何も不便なことはなかったです。

弁護士か司法書士かというより、依頼するところが債務整理に強いかどうかが重要です。

 

債務整理がの経験が豊富なところに依頼しよう

債務整理は返済額が収入の◯割以上ならできるとか、借金の総額が◯◯以下ならできないとか、そういう明確な基準があるわけではありません。

任意整理の場合は、あなたの借入先に対して弁護士が「こういう状況なのでこの支払いで」という交渉をします。

民事再生や自己破産の場合は、裁判所に対して、「こういう借り入れ状況で、収支がこれで、こういう理由から民事再生又は自己破産をさせてください」という主張をして許可をもらいます。

要するに、債務整理とは相手を説得させる必要があるんです。

弁護士や司法書士は法律のプロですから、もちろんどの資格者も債務整理に関する知識は持っているのですが、経験が少ないところに頼むと場合によっては相手の説得に失敗することもあります。

債務整理の費用は着手金と成功報酬に分かれていることが多いのですが、失敗した場合でも着手金は発生します。

依頼する相手選びを間違えると債務整理したいのにできず、そのせいで生活が楽にならず、なのに着手金による費用が上乗せされたなんてことにもなりかねません。

そんなことにならないために、債務整理をするなら債務整理が得意なところに頼むべきです。

債務整理の経験が豊富なところは独自のノウハウや経験則があるので、あなたにとってどの債務整理が適しているのかという見極めも的確で安心感がありますし、やり取りを最小限にしてくれるので手続きも楽です。

 

近場よりも大手がいい

僕はできれば近場がいいなって、はじめは債務整理を掲げる地元の弁護士事務所2つほどに相談のメールをしたんですが、待てども待てども返事がこず…。

一度やると決めたら早くスッキリしたかったので、遠くてもいいやと思って債務整理で有名な司法書士法人 杉山事務所にメールをしました。
そしたら次の日すぐ電話をかけてきてくれて、相談内容の大まかな内容を伝えたら、一番近い大阪事務所への無料相談の予約をすぐに手配してくれました。

電車で片道3000円ほどかかったんですが、担当の司法書士さんにそれを伝えたら、「相談は出来る限り電話で済ませて、書類のやり取りは郵送にしましょう」と言ってくださいました。
配慮のお陰あって、僕が事務所まで行ったのは最初を含めて3回だけです。

法テラスのことを教えてくれたのも司法書士さんからで、結果的にかなり安くつきました。

相談者に合った配慮をするために融通を効かせてくれるのも大手の強みかなぁと感じましたね。

 

初回無料相談のあるところにしよう

弁護士や司法書士は30分5000円とか、相談するだけでお金がかかるところもあります。

債務整理をお願いするかどうかも分からない時点で相談にお金がかかると、お金がなくて悩んでいる僕らにしては本末転倒ですよね。

借金の相談は初回無料相談のあるところが安心。
そういうところは相談者が多く債務整理の経験が豊富なので、そういった意味でも安心できます。

 

Copyright© 明日へ繋ぐ債務整理 , 2018 All Rights Reserved.